霊的な物に影響されていた母

実は年末年始から、母がアバターに取り組み始めました。



彼女は「シャーマンだなあ」と思うくらい、

直観に冴えていて、

夢のお告げを見る人です。



小さい頃から金縛りにあったり、

霊的な物の影響を受けてる人で、

それらを宗教を熱心に信仰することで克服してきた人でした。



今世の苦しみは、前世におかした罪が原因!

穢れを払うには、信仰をちゃんとすることだ



そんな母を見て育った私は、

「死後の世界でも、焼かれたり、苦しんだりする地獄の絵」や、

「今世は前世と先祖のカルマで苦しむ」



生きても死んでも、世界は苦しみなんだ~

という信念を取り入れ、



世界は生き地獄なんだ~

と無条件に信じてしまいました。



そんな世界に私を産んだ親が憎い…

という感情が(気づかないけど)潜在的にずっとあって、

解放したのは実は1年前くらいのこと。 

怒りを手放して、本当に軽くなりました。


アバターでその固まりが解放したとき、

「アバターを母に教えないと!」

と直観的に感じてました。



母は信仰心の強い人だったので、

「自分にはアバターは必要ない」

「そんな負の感情を簡単に"消す"だなんて…

学びのために神様が用意してくれてる物なのに。冒涜に感じる」


と言って、断られていました。





でも、私の方でも母に対するワークをしたりしてたら、

母が自分からコースに来ると言い出しました。

意識はこれだから面白い(´- `*)



母がアバターの教材を使って内側を感じていくのを隣でガイドするのは、

とても感慨深いものがありました。



母は霊的なものに敏感で、

何か自分が変わろとすると足を引っ張られる、と言ってました。


重たい感じ、だるさ、強い眠気みたいな

身体症状として現れ、

自分のメンタルが低い時にはそれに支配されてしまうのだと。



第2部で、自分自身が"絶対的に源の存在"であることを、取り戻していくパートがあり、


そこで何度も霊に起因する症状が現れましたが、ちゃんと、その度に消すことができる。


何度も症状が出ても、消せる。


厳密には、

霊的な存在を平安に還すのは、

最上級コースウィザードでやる領域です。



ですが、"源の存在"であれば、

霊的な存在に影響されることなく、

コントロール下における訳で、

これには母も驚いていました。



不思議なのですが、

母がアバターのワークをすると、現実がちょっとずつ変わっています。


具体的には、父が不要な物を拾い、実家に持って帰ってしまうのに母はイライラしていたのが、

ワークした日に、父が自分で物を返し始めたり…

(そんなことは初めてです)



「年賀状のやり取りが止まってた親友」のことをワークしたら、

今年年賀状が数年ぶりに来て、しかもその葉書が一番上に載ってきたり、



私の心配性が、母の心配性と一緒になくなっていたり…


母自身「川上浄めば川下浄むで、親の相念が浄まったら子どもも自動的に浄まるのよ!!」

という信念があるので、それが作用しているのかもしれません。



3部に入り、「創造を消滅させる」

パートに入ると、

「視界が広がった!景色がよく見える。すっきりする!」とびっくりしていました。



鬱状態、心配、家族の不安、様々なものを自己の宇宙から消滅させ、


母は本当にイキイキと、パワフルな、

本来の母に戻っていきました。




今から、


自己限定の制限の消滅、


アイデンティティ処理、


集合意識のワークなどが続きます。


最後、どのような母になっているか…たのしみです!



アバターの経験は人それぞれですが、

母のように信仰をしている人でも、

霊的な物を抱えている人でも、できます。



アバター教材が〈触媒〉となり、

その人の意識の青写真に化学反応を起こし、

進化を加速させるのです。



目的を持って地球にやってきた魂の目的だった、

約束をちゃんと果たせるように。


あなたの花をちゃんと開かせてあげるために。



是非、あなたも取り組んでみてください。

〈頭〉で知的に理解する、意識の世界もいいですが、

〈経験的〉にやってしまう方が、きっと数百倍面白いですよ。