米国スターズエッジ社認定アバターマスター 日高愛子です。

 

 

 

島根生まれ、広島育ち。

 

人の意識の目覚めをサポートし、地球を目覚めた星にするのがミッションです。

 

幼少期から「この人生はなんのためにあるんだろう?」と考える哲学的な子でした。

 

中学生、高校生位から読んでいたのは

 

太宰治や、ソフィーの世界、哲学書。

世界史、美術、星座、神話に惹かれていました。

 

パウロ・コエーリョのアルケミストや星の巡礼、リチャード・バックのイリュージョン、one、カモメのジョナサン、深夜特急シリーズからは、強いインスピレーションを得ました。

 

 

ずっと、生きる意味や世界の真理を探求していたんだと思います。

 

 

外に答えを求め、自己啓発本を読んだり、

占いをしてもらっても府に落ちなかった、探していた「自分の答え」は、妹から伝えられた9日間のアバターコースで見つかりました。

 

「ああ、本当に私は生きている!

 今ここにいる!」

 

自分が嫌い、人に委ねる、完璧主義、自己卑下、当時大嫌いだった家族のこと。

自分の意識の中どうなっていて、その問題が起きているのか。感じて手放して行くごとに、世界がどんどん輝き出しました。

 

3部の初めのセッションでは、「私」が居なくなりただ純粋な目として世界を見つめていました。

 

私を探し続けていたのに、「わたし」を手放すと、もっとずっと大きな「私」がいました。

 

コースで覚え、使い方を教えてもらった「意識を管理し変えていける」ツールを使い続け、

 

仕事は続くようになり、自由に海外を旅したり、「自分の人生」を生きるように。

 

アバターを受講した母も本当に変わり、

仮面を着けていたような親子関係が、

源の存在として深く信頼しあえ、繋がれる関係に変わりました。

 

人を批判したりすることも減り、平和が広がります。

 

 

《自分の生まれてきた目的ど真ん中を、

わくわくしながら大胆に生きる。

意識を紐解いて作り替えて導かれるように加速する》

 

アバターはそのために作られた一連の技術です。

あなたのなかに答えがあり、

あなたのなかに解決があり、

あなたのなかに力が眠っています。

 

是非、発掘しにいきましょう!

 

 

………………………………………………………………………………

 

 

 

2005年広島大学教育学部 造形芸術系コース卒業

在学中は日本中を青春18切符で美術館めぐりの旅をする。

アート、建築、ギャラリーを見て人生謳歌。

演劇サークルで大道具、役者もやり、人生踏み外す…

 

 

2007年町田ひろ子インテリアアカデミー店舗デザイナーコース卒業。

ミュージアムショップとカフェを合わせた「annex」でグランプリ受賞。

色彩検定、ライティングコーディネーターなどの資格を取る。CAD、illustrator、photoshopなど使いこなす。

お金がないので住まいはもっぱらシェアハウス。

 

 

2009年9月自分を変えたくてアバター®コース受講。

2009年11月アバターマスターコース受講

2010年1月ウィザードコース受講

2010年10月プロコース受講

 

 

2010年関西の医療器メーカー入社、営業マンとして日本中飛び回り、サラリーマン生活7年間。

課長代理をしながら、意識の学びは続ける。

 

 

2011年1月スターズエッジ社認定アバターマスターライセンス取得

 

 

2017年会社を辞めて海外旅行。香港、タイ、インドをバックパッカー背負い、いい歳して一人旅する。はじめてニューヨークにも行きました。

 

 

インドでカルチャーショックを受け、「残りの人生は地球のために使おう」と思う。

 

 

2018年民泊代行会社に入社。デザイン、インテリアを仕事にする夢、外国人と働く夢、全て叶った。

 

2018年7月、アバターマスターの活動を広げるために広島に帰る。

 

 

好きなもの:アート、旅行、文章を書く、温泉、仏像、美しいものを見る。

 

得意なこと:手を動かすこと、絵を描くこと

 

好きな場所:高野山、ニューヨーク、香港